×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本中のラーメン取り寄せ食べ歩き

日本中のラーメン取り寄せ食べ歩き

ラーメンは大正時代に中国から日本に伝わってきたものです。
名前の由来は諸説あるようです。

 

ラーメンのつゆは、タレとスープ(出汁)の組み合わせによって作られます。
タレは基本的に塩・醤油・味噌の3種類で、スープはとんこつ・魚介・鶏ガラなどたくさんの種類があります。

 

麺には太さ・縮れ方・水分の量によってタイプが変わってきます。
ご当地ラーメンの中で一番太いのは喜多方で、一番細いのは博多です。

 

博多は細いだけでなくストレート麺で、札幌は縮れ麺になります。
小麦粉の量に対する水の量が多い麺を多加水麺、少ない麺を少加水麺と言って、札幌、喜多方、東京荻窪などが多加水麺でもちもちした食感です。

 

少加水麺は博多、広島、尾道などでコシの強い食感です。
このように、日本中でラーメンはスープ、麺などいろいろな種類があるので、各地に名店もたくさんあります。

 

最近はネット通販で簡単に名店の味がが取り寄せられるようになりました。
札幌の一国堂や喜多方の蔵、東京の二郎、横浜の山岡家、福岡の一風堂などの味を取り寄せて、自宅で食べることができるのです。

 

「お取り寄せ」で、自宅に居ながらにして日本中のラーメン店の食べ歩きをしてみませんか?